ハンドメイドアクセサリー工房

ハンドメイドアクセサリーで気になった事・販売中のもの等、楽しめる雑記帳になればいいなと思っています。

アクセサリーの魅力ってなんだろう

人は何故アクセサリーを付けるのでしょう。

 

f:id:kei-mta:20210325164453p:plain

 

歴史をさかのぼると、

人は古代よりアクセサリーを身につけています。

その理由は国によっても違いはあるようですが、

卑弥呼の時代には、

骨や石、貝を使ったものが使われていて、

それらは単にアクセサリーというだけでなく、

霊的なものとしても使われていたようです。

 

 


勾玉は翡翠や水晶などで作られた装飾品ですが、

祭祀にも力が宿るものとして使われていました。

そう考えると、

お洒落を楽しむためのアクセサリーは、

いつから始まったんでしょう。

 


平安時代には十二単などの、

身にまとうものが艶やかだったので、

アクセサリーは少なかったそう。

 

ここからアクセサリーが登場するまでは、

長い月日がかかり、

江戸時代になり刀などの装飾のアクセサリーが登場します。

異国文化が入るようになると、

アクセサリーが文化交流の役割を果たしていたようです。

日本の根付や簪、櫛などは、

繊細で美しいものが多いですものね。

 


今では身分に関係なく、

誰もが好きな装飾品を楽しめる時代になりました。

ハンドメイドアクセサリーも、

そんなものの一つです。

 

 

チープだから嫌という方もいますが、

ジュエリーは別として、

普段使いで人とは違うものが付けたい、

そんな人にはハンドメイドアクセサリーは、

楽しめるデザインが沢山揃ってます。

 

デザインが豊富な分、

作家さんの数も多いです。

そんな中から見つけていただけたら、

それはご縁かな?

と私は思います。

 

ハンドメイドアクセサリーが好きな理由は、

人それぞれ。

作る側買う側が楽しめる、

そんな世界が広がっているのは、

やはり素敵だなと思います。

 

皆さんはどうでしょう。

 

 

販売ショップ

creema

minne

 

 


人気ブログランキング

ハンドメイドアクセサリー みんなが悩む価格設定

値段が高いと思われているハンドメイド。

 

f:id:kei-mta:20210417203745p:plain

 

以前は原価の3倍と言われていました。

簡単に3倍と言っても、

そこには材料費のほかにも、

材料を揃える時間、

製作時間、梱包、配送なども入ってくるので、

価格設定はいつも悩みます。

 

きっと、

購入者側はこれが正当なのかどうか、

ハンドメイドを買われる時は、

悩まれていると思います。

 

作り手の要領もあるでしょうし、

多くのショップさんと比べて、

似たようなものなら、

安いお店で買われるのが普通ですよね。

 

通常のお買い物でも、

少しでも安いお店で購入しますから。

 

なので一目惚れでしたとか、

買ってよかったですなどの声を頂けると、

嬉しくなります。

 

設定については、

検索すれば沢山出てきますし、

ハンドメイドの本なども出ているので、

参考にされるのがいいと思います。

 

 

 

原価率の計算アプリなどもあるので、

それを利用してもいいかもしれませんね。

 

私も色々参考にしながら、

自分の制作時間を計り、

そこから価格設定を決めました。

 

 

皆さんは、

どのように設定されているんでしょう。

 

 

 

販売ショップ

creema

minne

 

 


人気ブログランキング

アクセサリーラッピングの在り方

ハンドメイドのラッピング。

始めたころに悩んだことの1つでした。

 

f:id:kei-mta:20220112012526p:plain

 

色んなサイトを見て、

皆さんはどうしているのか。

有料・無料・ギフトラッピング。

リボン?

それともギフトシール?

袋に入れる?

それとも小箱?

 

 

ラッピングも以前は、

季節ごとに変えていましたが、

最近はクリスマス、お正月などの、

定番のイベントのみ、

少し変化を取り入れるようにしました。

 

ラッピングの材料は、

専門店でまとめて購入。

今は100均でもある程度揃うので、

利用しています。

 

 

無料で有料並みの、

ラッピングをされているショップさんもあれば、

OPP袋に入れて、

くるくると巻かれた簡易の所もあります。

 

 

作品に問題がなければ、

どちらでも構わないと思います。

私は手にしたときに、

安心していただきたいので、

簡易でも喜んでいただけるように、

心がけています。

 

 

 

開けたときに、

少しワクワクしていただきたいですものね。

 

一応、プレゼント用と言っていただければ、

アクセサリーの種類によって、

ピロー型や小さなギフトボックスに入れて、

お届けしています。

 

 

ラッピングの在り方は、

作家さんによって違います。

初めて売れた。

さあどうしようと慌てる前に、

自分に合ったラッピング方法を、

考えておくといいですね。

 

 

作家さんたちはどんな思いで、

されているんでしょうね。

 

 

販売ショップ

creema

minne

 

 


人気ブログランキング

在庫を作らない受注生産 する?しない?

先日、在庫管理のお話をしましたが、

在庫を作らない方法の一つに、

受注生産があります。

ハンドメイド作家さんの中には、

そうされている方が多いと思います。

在庫を抱えないので、

無駄にならない利点がありますが、

反対に少しお時間を頂くというデメリットもあります。

 

f:id:kei-mta:20220110232350p:plain

 

受注生産でも、

レジンやプラパンなど、

ある程度作り置きされていて、

注文が入ってから組み立てていく場合は、

受注用の在庫管理は必要になります。


私の場合は、

受注生産はしていませんが、

メールをいただき、

時間がかかってもいいと言うお話で、

お受けできそうなものなら、

お作りさせていただいています。

 

基本1点もので作っているので、

売れなかった在庫は見直し、

天然石などは崩すことにしています。


以前はオーダーも受け付けていたんですが、

途中で連絡が途絶えてしまうこともあって、

それからはお願いされた時にのみ、

受けるようにしました。


レジンは経年劣化も起こるので、

ある一定の数だけしか作りませんが、

チャームやビーズなどは、

廃番になっていなくて、

在庫が揃っているものならお受けしています。

 

受注生産のやり方は様々ですが、

皆さんはどのように管理されているんでしょうね。

 

 

 

 

 

 

販売ショップ

creema

minne

 

 


人気ブログランキング

アクセサリー金具  種類はどうしてますか?

ハンドメイドアクセサリーを作り始めると、

気になるのが金具です。

 

f:id:kei-mta:20210323171201p:plain

 

ハンドメイド作家さんの殆どが、

金具の種類を6~8種ほど、

ご用意されている所が多いと思います。

 

f:id:kei-mta:20210323171145p:plain


アレルギーがある。

使いやすい。

など、

使われる方のご要望にできるだけ添えるように、

皆さん工夫されています。

 

 


私もピアスへの変更は行っていましたが、

それをもっと細かくしたのは、

3年位前からだったと思います。

 

ご購入者様から、

アレルギー対応についての質問があり、

私もアレルギーがあるので、

専用の作品ページをご用意することにしました。


通常のものを、

アレルギー対応金具に変更することも可能ですが、

ステンレスでも、

もらい錆びが起こることもあるので、

アレルギー対応のものには、

全ての金具を、

ニッケルフリー(ニッケルの少ないものを含む)

ステンレス(サージカルステンレス含む)に変更しました。

 

とはいっても、

全てのアレルギーに対応できませんので、

そのあたりはご購入者様に、

判断していただくしかありません。

 

通常のアクセサリー金具には、

できるだけ変色に強い加工がされているもの、

国産メッキのものなども使用し、

アレルギー用はアレルギー用で、

分けるようにしました。

 

ハンドメイドでも、

アレルギー専用のショップさんもありますし、

作家さんによって違うとは思いますが、

選べる選択肢があるのは嬉しいですものね。

 

 

皆さんは金具の選択肢は、

どのように決めているのでしょう。

 

 

 

 

 

販売ショップ

creema

minne

 

 


人気ブログランキング

ハンドメイドのジレンマ

ハンドメイドをされている多くの方は、

おそらく色んなツールを見ながら、

試行錯誤されていると思います。

 

f:id:kei-mta:20210419014910p:plain

 

私もネット販売を始めた当初は、

どうすればいいのか、

多くの作家さんたちのブログなどを見ながら、

毎日悩み作っていました。

 

ネット販売を始めたのは遅かったので、

今から5年ほど前の話です。

 

もちろん今も、

試行錯誤は変わりませんが、

ただ、ある時ふと思ったんです。

 

私は売りたいのか、作りたいのか。

これって同じようで微妙に違います。

 

 

 

 

多くの方が求めているのは、

流行の形で、

あのタレントさんが付けているから。

でも、ブランドは高いし、

似たようなデザインで、

でもお手頃。

そこで目に留まるのがハンドメイドでした。

 

 

じゃあ、同じようなものを作ったら売れるの?

おそらく売れないことの方が多いと思います。

それは、ライバルも多く、

同じようなデザインなら、

人気作家さんから購入したい方が、

圧倒的多数だから。

 

作りたいものが売れるわけではないことに、

気づかされました。

でも、

楽しくなければモチベーションも上がらず、

売れなければ新作も作れません。

ジレンマです。

 

そして、

次に考えたのが差別化でした。

差別化という言葉はよく聞きますが、

どのようにしたらいいのか、

悩みますよね。

 

私はもともとのんびりしているので、

気づくのも遅かったんですが、

ネット販売から4ヶ月を過ぎて、

写真の見直し、

説明文の細分化、

差別化という言葉とともに、

作品の見直しに入りました。

 

半年の間に売れているものを調べてみたら、

ぼんやりとですが輪郭が見えてきました。

私が作りたいものと売れているものの違い。

そして私が作りたいものの中で、

売れているデザイン。

 

購入してくださった方からも、

市販にはないアクセサリーだったから、

というお声も多かったので、

だったらここに少しだけ差別化をはかろうかな?

それが始まりでした。

 

私が作るものは、

オフィス向きではないものが多いです。

付けるシーンを選んでしまうものも、

はっきり言って多数あります。

 

ただ同じようなものなら、

私のギャラリーでなくてもいいじゃない?

なら、

個性的なアクセサリーを付けても問題ないお仕事の人、

お友達と出かける時にかぶりたくない人、

高齢の方でも遊び心で付けてみたくなる、

そんなものを作ろうと思い、

現在進行形でやってきました。

 

作り手は三人から現在二人になりました。

ギャラリーに統一性がないのはここにあります。

 

ギャラリーを分けようかとも思いましたが、

殆どを一人でやっているので、

SNSは無理とブログだけに絞りました。

 

少しでもわかりやすくと、

ミンネではカテゴリー別に並べています。

カテゴリーを多くしたのは、

ギャラリーを訪れてくれた人が、

こんなものもあるんだと楽しんでもらえるようにと、

思ったからです。

 

買ってよかった、

可愛いなどの声を頂けたとき、

本当に嬉しくなります。

これはハンドメイドをしている方なら、

皆さん感じられることだと思います。

 

売れる時があれば売れない時もあります。

それでも続けてこられたのは、

喜んでくださる方がいて、

作ることが楽しいから。

これに限るのだと思います。

 

皆さんはどんな思いで、

作られているのでしょうか。

 

 

 

販売ショップ

creema

minne

 

 


人気ブログランキング

ハンドメイドアクセサリーの在庫管理って?

今回はハンドメイドでの在庫について、

私の場合のお話をしたいと思います。

 

f:id:kei-mta:20211123212231p:plain


長く続けていくと増えるのが在庫です。

私の場合、

作ったものすべての完売はないので、

時間をおいても売れないものは、

おまけにしたり、

家族や友人にプレゼントしたり、

自分で使ったりします。


天然石のリメイクの時には、

石の在庫を調べて、

あるもので組み合わせしなおします。


天然石は在庫数から買い足すことが多いので、

仕入れた年によっても価格変動が大きいです。

始めたころはここまで高値ではなかった石も、

今は倍だったり、それ以上だったり。

ハンドメイドでの値段の付け方には、

いつも悩みます。


そんなこともあり、

最近は在庫数を整理し、

管理できるくらいにしました。

数が多くなれば保管するのも難しくなるので、

劣化の問題も考えて在庫管理しています。


オーダーメイドで注文が来てから作られる方は、

在庫を抱えることはないと思いますが、

そうでないと、

どうしても在庫を抱えることになります。


イベントや委託先でという売り方もあるので、

作家さんによって、

在庫の有無は違ってくると思います。


作品管理も私の場合は、

袋に入れてから箱に入れて、

品番と一緒に棚へ置いています。


在庫管理は数カ月ごとに行い、

作った日付と合わせて、

私はいまだにノートの方が楽なので手書きと、

あとはデーターをメモリに保存しています。

今はアプリもあるので、

そちらを使われている作家さんも多いようです。


ミンネやクリーマだと、

データーがあるので便利ですが、

経費や材料などの計算ができないので、

その分在庫管理が必要になります。

 


私は去年から今年にかけては、

新作と旧作をセットにしたものを、

ミニ福袋にして販売しています。

年末年始は売れた数に合わせて、

新作、またセットものを増やすという、

販売にしています。


初売りは7日まで、11日まで、

1月中と作家さんによって、

販売方法は様々ですが、

人気のある作品と旧作を、

そのように売られるのもありだと思います。


この2年はハンドメイド作家さんが増え、

はっきり言って、

売り上げはガクンと落ちました。

ただ有難いのは、

リピーターさんに支えられてきたという事です。

続けてきてよかったと思う瞬間でした。


コロナ禍でハンドメイドを始めたけど、

売れないと悩まれている方はとても多いと思います。

私も初めて売れたのは半月経ってからです。

最初からすぐに売れる方は少ないですし、

売れている作家さんは時間をかけて構築されていたり、

すぐに人気がでた方には、

そこに作品の魅力、販売努力など、

何らかの理由があるのだと思います。

 

止めるのは簡単ですよ。

でも、ハンドメイドの醍醐味は作る楽しさ。

喜んでくださった購入者様の声。

だから続けていけるんでしょうね。

 

 

皆さんは在庫はどうされているんでしょう。

 

販売ショップ

creema

minne

 

 


人気ブログランキング