ハンドメイドアクセサリー工房

ハンドメイドアクセサリーで気になった事・販売中のもの等、楽しめる雑記帳になればいいなと思っています。

レジンの伸縮と戦う?

レジンアクセサリーも作り始めたころは、

収縮率が分からず、

化学式なんてちんぷんかんぷん。

 

f:id:kei-mta:20210325164453p:plain

 

それでも何度か失敗を繰り返し、

色々調べていくうちに、

レジンは硬化するときに熱によって縮み、

ハードとソフトでもその縮み方に違いがあること、

UVライトの方が伸縮を抑えられると知りました。

 

f:id:kei-mta:20210409211912p:plain

 

大きな作品や艶のある綺麗なものを作られてる、

多くの作家さんたちは、

混合液を使用しています。

これだと収縮しないそうです。

 

収縮が大きいとシワにもなるので、

使うレジン液を色々試して、

自分にとって使いやすいものを選ぶようにしました。

 

作業時間、作る過程は、

作家さんによってまちまちだと思います。

私は手際が良いとは言えないタイプですので、

どうしても作業途中で失敗してしまうこともあります。

 

私のようなタイプなら、

できるだけ中央に少し多く盛る感じにレジンを入れて、

平らにするとうまく硬化できます。

それでも多少凸凹してしまうときには、

最後の手段で表面を削り、

再度レジン液を乗せます。

 

ただ、レジンは縮むという性質を知ったうえで、

できるだけ均一に光を当てて、

何回かに分けて盛るのが、

レジンでの失敗を防げる方法なのかな?

 

私はUVランプで1度硬化したあと、

たつきが残るときには、

太陽光で再度硬化しています。

(太陽光だけで硬化するときは、

クリアケースなどで蓋をすると、

埃などの付着が防げます)

これがベストかどうかは分かりませんが、

大きな作品を作っていませんので、

私には作業しやすいです。

 

f:id:kei-mta:20210409212143p:plain

 

モールドとミール皿、レジン枠でも、

収縮、シワ、反り返りは変わるので、

自分に一番合ったもので、

色々試してみると、

レジンアクセサリーの楽しみは増えると思います。

 

においに関しては、

メーカーさんによっても違いがあるので、

幾つか試してみるのがいいですね。

 

アレルギーが酷い方にはおススメしませんが、

レジンアクセサリーを作ってみようという方は、

是非チャレンジしてみてください。

 

 

人気のレジン液をいくつか紹介します。

私も色々試して、

自分の作品にあったお値段、

使いやすさ、ニオイなどから、

選んで使用しています。

他にもたくさんあるので、

作ってみたい方は1つずつ試してみるといいですよ。

 

 

 

 

 

 

 

販売ショップ

creema

minne

 


人気ブログランキング